ブログ|上本郷・みのり台・八柱エリアの歯科・歯医者|なないろガーデン歯科クリニック

なないろガーデン歯科クリニック

なないろガーデン歯科クリニック

047-702-7750

休診日:火曜日

ブログ
ブログ
  • アーカイブ

  • カテゴリー

『歯ブラシ』だけの歯磨き、見直してみませんか?

2019年5月18日

みなさん、こんにちは!松戸市のなないろガーデン歯科クリニックです。

毎日の歯磨き、みなさんはどんなデンタルグッズをお使いでしょうか?

まず欠かせないものといえば『歯ブラシ』。歯磨きにおいて手用または電動の歯ブラシはなくてはならない必需品ですね。

しかしむし歯や歯周病をしっかり予防するうえで、歯ブラシのみを使った歯磨きは不十分といえます。

歯ブラシで落とせる汚れは全体の6割程度

実は歯ブラシで取り除けるプラークは、お口全体のプラークの6割程度に過ぎません。

つまり残り4割のプラークが、お口の中に残った状態になっているわけです。

みなさんもご存じのように、お口の中には歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目など、細かいすき間がたくさん存在しています。

このような狭いすき間に歯ブラシを当てるのは、私たちプロであっても至難の業です。

そして実際にむし歯や歯周病を発生させる原因となっているのが、このような細かいすき間にたまったプラークなのです。

デンタルフロス・歯間ブラシは歯磨きの必須アイテム

では歯ブラシでは落とせないすき間のプラークはどうしたらいいのか。

そこで登場するのがデンタルフロスや歯間ブラシなどに代表される歯間清掃器具です。

歯ブラシで磨いたあとに歯間清掃器具を使用すると、プラークの除去率が8割にまで向上します。

歯間清掃器具も歯磨きの度に使用するのが理想的ですが、もし難しい場合は1日1回、就寝前の歯磨きの際に使用するとよいでしょう。

 ホームケアで落とせない汚れはプロにおまかせ!

 歯ブラシと歯間清掃器具、両方を用いてもお口の中には取り残したプラークが存在しています。

このようにホームケアでは落とせない汚れは、歯科医院での定期的なクリーニングで徹底的に取り除いていきましょう。

まとめ

「フロスや歯間ブラシは面倒だ」と思われがちですが、実際にむし歯や歯周病が多発するは、歯ブラシが届きにくい場所です。

次回はデンタルフロスや歯間ブラシなどの歯間清掃器具の選び方・使い方についてご紹介しますので、ぜひ毎日のケアの参考にしてください。

 

 

なないろガーデン歯科クリニック

医院名 なないろガーデン歯科クリニック
院長 近藤 智彦
住所 270-2241
千葉県松戸市松戸新田116-10
電話番号 047-702-7750
通院される患者様が多い地域 胡録台・松戸新田・稔台・上本郷・河原塚・南花島・岩瀬・小根本・二十世紀が丘・東松戸・日暮・大橋・松戸・緑ヶ丘・和名ヶ谷
URL
診療内容 むし歯、歯周病、小児歯科、歯科口腔外科、予防・クリーニング、矯正歯科・小児矯正歯科、インプラント、入れ歯(義歯)、セラミック治療など
概要 松戸駅東口より車で5分、松戸新京成バス富士見台バス停徒歩3分にあります。2017年の開院以降、患者さんの不安をやわらげる、ていねいな診療を心がけてまいりました。半個室診療室や、親子で受診できる診療室、キッズスペースなども完備しています。