ブログ|上本郷・みのり台・八柱エリアの歯科・歯医者|なないろガーデン歯科クリニック

なないろガーデン歯科クリニック

なないろガーデン歯科クリニック

047-702-7750

休診日:火曜日

ブログ
ブログ
  • アーカイブ

  • カテゴリー

むし歯予防とキシリトールについて

2019年6月14日

みなさん、こんにちは!なないろガーデン歯科クリニックです。

みなさんもCMや歯医者さんなどで「キシリトールはむし歯予防におススメ」という話をよく耳にされると思います。

今回はそのキシリトールがむし歯を予防するうえでどのような働きをするのか、詳しくご紹介していきましょう。

むし歯菌が“酸”をつくらないキシリトール

キシリトールは『糖アルコール』と呼ばれる糖分の一種で、砂糖と同等の甘さがあります。

キシリトールに代表される糖アルコールが砂糖と異なるのは、「むし歯菌が“酸”をつくらない」点です。

むしば菌は通常、糖分を栄養にエネルギーをつくり、その過程で“酸”を排出します。

この酸こそがむし歯ができてしまう元凶で、むし歯はむし歯菌がつくりだした酸によって歯質が溶かされてしまう病気なのです。

「砂糖と同等の甘さを持ちながら、摂取してもむし歯菌が酸をつくらない」

キシリトールがむし歯予防におすすめな理由はまさにこの点にです。

またキシリトールの甘さが唾液の分泌をうながし、唾液によるクリーニング作用や再石灰化作用が向上することも、その理由の1つに挙げられます。

キシリトールが『むし歯菌を減らす』ことの真偽

キシリトールの効果については『むし歯菌が酸をつくらない』というのにくわえ、かつては『むしば菌の数を減らす』という点も挙げられいました。

これは「むし歯菌はキシリトールからはエネルギーをつくりだすことができず、反対にエネルギーを消費して力尽きてしまう」という説から導き出されたものです。

しかし近年の研究が進むにつれ、むし歯菌の中にはこの説に当てはまらない菌も存在することが明らかになっています。

キシリトールをあくまで「むし歯にならない糖」であり、キシリトール自体がむし歯を予防してくれるわけではありません。

その点を誤解しないように注意しましょう。

キシリトール製品は「シュガーレス」のものを

キシリトールは主にガムやキャンディ、タブレットなどの製品に配合されていますが、これらの製品の中にはキシリトール以外の甘味料を含むものもあるため注意が必要です。

キシリトール配合の製品を購入する際は、必ず「シュガーレス」表記のあるものを選ぶようにしましょう。

まとめ

キシリトールは砂糖のかわりに『むし歯にならない甘味料』として注目されています。お子様のおやつなどにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

なないろガーデン歯科クリニック

医院名 なないろガーデン歯科クリニック
院長 近藤 智彦
住所 270-2241
千葉県松戸市松戸新田116-10
電話番号 047-702-7750
通院される患者様が多い地域 胡録台・松戸新田・稔台・上本郷・河原塚・南花島・岩瀬・小根本・二十世紀が丘・東松戸・日暮・大橋・松戸・緑ヶ丘・和名ヶ谷
URL
診療内容 むし歯、歯周病、小児歯科、歯科口腔外科、予防・クリーニング、矯正歯科・小児矯正歯科、インプラント、入れ歯(義歯)、セラミック治療など
概要 松戸駅東口より車で5分、松戸新京成バス富士見台バス停徒歩3分にあります。2017年の開院以降、患者さんの不安をやわらげる、ていねいな診療を心がけてまいりました。半個室診療室や、親子で受診できる診療室、キッズスペースなども完備しています。