コラム|松戸市の歯科・歯医者|なないろガーデン歯科クリニック

なないろガーデン歯科クリニック

なないろガーデン歯科クリニック

047-702-7750

休診日:火曜日

コラム
コラム

フッ素って虫歯止め薬?歯が黒くなるって聞いたのですが本当?

こんにちは。
千葉県松戸市にある「なないろガーデン歯科クリニック」です。
 
 
まず最初に、「フッ素を塗ると歯が黒くなる?」というのは誤解です。
 
お子さまの虫歯予防のためにフッ素塗布を考えている親御さんは、ご安心ください。
フッ素塗布をしても歯に色がつくことはありません
 
では、「時々、小さな子の歯が黒くなっているのはなぜ?」という疑問にお答えしましょう。
 
 

黒くなるのはフッ素ではなく「虫歯止め」

 
小さな子の歯が虫歯を防止するために黒くなっているのであれば、それは「虫歯止め」のお薬を塗っているからです。
 
虫歯止めのお薬なので、予防のために塗布するフッ素とは異なります。
 
虫歯止めには銀が含まれているため、虫歯に侵されている部分に反応して黒く変色します。そして虫歯の進行を抑制します。
 
虫歯止めのお薬は、お子さんが歯医者を怖がって虫歯治療が難しいときや、乳歯の虫歯、治療するほどでもない初期の虫歯に使用されることが多いです。
 
虫歯止めにもフッ素が含まれているので、虫歯の進行の抑制と同時に虫歯の予防効果にも期待できます。
 
 

「フッ素塗布」は虫歯予防に推奨されています

 
一方、フッ素塗布による虫歯予防は、全国でも推奨されている予防処置のひとつです。
 
フッ素には、歯を強くする作用があります。
 
歯は、食事をするたびに表面のカルシウムやリンなどのミネラル成分が溶け出すしくみになっています。これを唾液がもとの状態に戻します。この作用を「再石灰化」というのですが、フッ素にはこの活動を助けるパワーがあるのです。
 
「再石灰化」は、ごく初期の、虫歯になりかけている状態の歯なら治してしまいます。フッ素塗布は、歯を丈夫で健康に保つために、非常に有効な処置といえます。
 
 

お子さまのフッ素塗布をおこなっています

 
「なないろガーデン歯科クリニック」では、お子さまの虫歯予防のためにフッ素塗布の処置をおこなっています。
フッ素を塗っても歯が黒くなることはありませんので、安心してお子さまの虫歯予防にお越しください。