小児歯科

小児歯科の重要性

お子さまに寄り添った治療

お子さまに寄り添った治療お子さまにとって歯医者さんは「怖いし痛いから行きたくない!」そんな場所になっていませんか?

幼い頃に歯医者さん嫌いになってしまうと、大人になってからも歯科医院に対しての苦手意識が抜けないことがよくあります。これは、お子さまの未来の健康を守る上でも良くないことです。なないろガーデン歯科クリニックでは、一人ひとりのお子さまの気持ちに寄り添い、嫌がるお子さまに無理やり治療を行うようなことはいたしません。

まずは歯医者さんや使用する器具に慣れてもらうことから始めていきます。お子さまが自ら楽しく通院できるよう、待ち時間に楽しく遊べるキッズスペースの設置や、キッズスペース付きの診療室などの設置、診療後のお楽しみの用意など、多方面に工夫を凝らしています。

お子さまの歯が生え変わる時期は要注意!

「乳歯は生え変わるから治療しなくても大丈夫」という考えは間違いです

乳歯には健康な永久歯が生えるための準備や、次に生えてくる永久歯を正しい位置に導くなど、様々な重要な役割があります。これらの他にも、正しい噛み合わせや顎の骨の成長、知能の発達にも影響を与えます。

むし歯は感染症のためうつります。乳歯にむし歯がある状態で、まだ抵抗力の弱い永久歯が生えてくると、当然のことですが生えてきた永久歯もむし歯になる可能性が高まります。
つまり、乳歯だからむし歯を放置しても大丈夫ということではないのです。

萌出したばかりの歯はデリケート

生えたばかりの歯は抵抗力が弱いだけでなく、歯の表面が粗いので汚れが付着しやすかったり、乳歯と永久歯が混在することで凸凹した歯並びになってしまい汚れも溜まりやすくなります。

つまり、とてもむし歯リスクが高いデリケートな時期ということです。また、乳歯がなかなか抜けない、永久歯が生えてこないなど、この時期特有のお悩みもつきものです。
歯が生え変わる時期は特にお子さまのお口に注意し、しっかりとケアすることを心がけましょう。

当院の小児歯科メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導一人ひとりお口の中は異なります。特にお子さまの場合、歯が生えたり、生え変わったりすると大きな変化が現れるものです。

そこで大切なのがお子さまのお口に合ったブラッシング方法を習得することなので、正しい方法で歯みがきを行えるよう指導します。保護者の方には、仕上げみがきのコツについてもお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布歯質を強化する効果のあるフッ素を塗布することで、むし歯菌に強い歯にする処置です。

フッ素塗布はむし歯予防につながるだけでなく、ごく初期のむし歯であれば治癒が期待できる場合もあります。

シーラント

シーラント奥歯の溝は深く、とても複雑な形状をしているため食べかすが溜まりやすく、さらに歯みがきもしにくいため、むし歯になりやすい部位です。

そこで、予め歯科用プラスチック(レジン)で溝を埋め、むし歯を予防します。

むし歯治療

むし歯治療むし歯になってしまった歯は、しっかりと治療を行います。

ただし、嫌がるお子さまにいきなり治療を行うようなことはいたしません。お子さまが歯医者さんに慣れるよう配慮しながら治療を進めていきます。

一番上に戻る
TEL.047-702-7750TEL.047-702-7750